HOME > 当院のインプラント治療について

当院のインプラント治療について

安心・納得いただけるまで治療は行いません。

まず患者さまのお悩みをうかがい、それに応じた適切な資料採得と診査を行います。
また当院は全症例でCT撮影を行い、徹底した術前診断とインフォームドコンセントにしっかりと時間をお取りしております。患者さまが納得のいかないまま、安心できないままに治療を開始することはできません。

当院の院長は日本口腔インプラント学会の専門医であり、患者さまのお口に埋め込むインプラント材も長期にわたるデータをもち、世界的に広く使用されている安全・安心なインプラントシステムのみを使用します。

さらにシミュレーションソフトを用い、より確実な診断と安全な手術を可能にしております。手術は清潔・隔離を完備した手術室にて行い、必要と診断したケースでは、麻酔専門医と提携することで手術中、患者さまにかかるご負担に配慮いたします。

とくに大きな骨造成が必要なケースやサイナスリフトを行う場合では、必ず麻酔専門家医による静脈鎮静を行い、手術をしております。(当院非常勤の磯村勇人先生)

※静脈鎮静法とは
歯科治療を受けようとすると、程度の大小はあれ、多くの人はストレスを感じてしまいがちです。「精神鎮静法」とは、そういったストレスを最小限にすることによって、快適で円滑な歯科治療を受けていただくための方法です。具体的には、薬を投与することによって心を落ち着かせ、眠りに落ちる前のようなボーッとした状態で治療を行なっていきます。
基本的に意識は保たれているので、安全性が高く合併症が少ないのが特徴です。また、処置中の記憶があいまいになるため、長時間の手術や侵襲の大きな処置などに最適です。
 

専属の担当医・担当衛生士が治療につとめます。
専属の担当医・担当衛生士が治療につとめます。のイメージ

当院ではすべての患者さまに担当の歯科医師と歯科衛生士をお決めし、両者の協力のもとに患者さまのお口の管理を行います。
それぞれの歯科医師は得意とする治療部門を受け持ちつつ、患者さまのお口の悩みの解決に努めます。

ケアゾーン・キュアゾーンを完全分離。
ケアゾーン・キュアゾーンを完全分離。のイメージ
ケアゾーン・キュアゾーンを完全分離。のイメージ

 当院は、院内を治療(ケア)ゾーンと衛生(キュア)ゾーンを完全に分離しております。すべては患者さまの感染コントロールのためです。
インプラント治療は、お口の中に潜む細菌との戦いでもあります。人工の異物を埋め込む以上、どれだけご自分でケアをしてもいつ感染が起こっても不思議ではありません。ですからプロフェッショナルによるケアとメンテナンスは必要不可欠です。
当院の衛生士には大阪府歯科衛生士会副会長をつとめている丸山衛生士を非常勤として来ていただき、そのもとで週1回の現場指導も欠かさず行っております。
当院は、歯の治療とそのメンテナンスを同じくらい重要だと考えます。患者さまの数十年先を考え、今できるかぎり最高の状態を整える。それが当院の使命です。

インプラントの治療流れ

step1 診査・診断・カウンセリングのイメージ
step1 診査・診断・カウンセリング

レントゲンやCTなどで患者さまのお口の中を十分に診査、診断した後、インプラント治療に関する説明を行います。

顎の骨の状態、歯肉の状態、失った歯の噛み合わせの部分などを考慮し、機能性に優れ、見た目にも美しいインプラントを行えるように、綿密な治療計画を立てます。
実際のインプラント治療も、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。
症例によっては、インプラント手術の前に骨や歯肉に対する処置・治療を行います。

step2 診査・診断・カウンセリング

顎の骨にチタンでできているインプラントを埋め込みます。
まず顎の骨に孔を開け、そこにチタン製のインプラントを埋め込みます。
インプラントを1本埋めるための手術は、臼歯や親知らずを抜くのと同じ程度の規模です。手術時間は、通常2時間程度の日帰り手術で済みます(本数にもよります)。
手術は局所麻酔の下に行いますので痛みはほとんどありません。
それでもご心配な方や痛みに弱い方には、静脈内鎮静法も行うことができます。当院では、麻酔専門医とチームを組み、静脈内鎮静法を導入しております。この方法は全身麻酔よりもリスクが少なく、術後の目覚めのときも不快感がありません。
また術中、術後も痛みがほとんどないのが特徴です。さらに当院では、手術中は血圧、血中酸素濃度、脈拍など必要な情報を完全モニタリングしておりますのでご安心ください。

step3 インプラントと骨の結合・安定

インプラントと骨がしっかりと結合するまでには2カ月~6カ月程度の期間を要します。
それまで待つことになりますが、結合する期間は骨の状態などによって、個人差があります。

step4 二次手術

骨とインプラントの結合の確認ができたら、簡単な手術を行って人工の歯を接続するアバットメントという土台を取りつけます。これで外科的な処置は終了です。

step4 二次手術のイメージ
step5 人工の歯の作成及び装着のイメージ
step5 人工の歯の作成及び装着

二次手術が終わってから、1~2カ月後に最終的な被せ物の型取りをします。そしての形態や色をチェックしながら被せ物を作り、インプラント治療が完了します。

被せ物はすべて院内に勤務している専門の歯科技工士が担当しますので、修正などがありましてもすぐに対応させていただきます。

step6 治療後の定期検診のイメージ
step6 治療後の定期検診

レントゲンやCTなどで患者さまのお口の中を十分に診査、診断した後、インプラント治療に関する説明を行います。

顎の骨の状態、歯肉の状態、失った歯の噛み合わせの部分などを考慮し、機能性に優れ、見た目にも美しいインプラントを行えるように、綿密な治療計画を立てます。
実際のインプラント治療も、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。
症例によっては、インプラント手術の前に骨や歯肉に対する処置・治療を行います。

新着情報

一覧を見る

2016/03/31

<お知らせ>
H28年4月1日より厚生労働省による診療報酬の大幅な改定が実施されます。
従来の保険点数が少なからず変更され、新しく導入された治療もございます。
3月までと診療内容が同じ場合でも窓口でのお支払いいただく金額が異なる場合がございますのでご了承下さい。

大きな地図で見る〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスPLAZA5Fホームページを見たとお伝えください  06-6343-7586 電話受付時間/9:30~19:00

お問い合わせ 詳しくはこちら