手術室について

外科手術のリスクは細菌感染。当院は100%安全な医療をめざします。

もしあなたの外科手術を、「ほかの患者様もうろうろしている一般病棟で行う」と言ったら、どう思いますか?

インプラント治療では、患者様の歯茎に、人工の異物であるチタンを埋め込み、歯の土台とする手術を行います。つまりインプラントは、歯科における外科手術となります。
私たちが外部からエネルギーを摂取する入り口である口には、1g中に1000億の細菌が生息しているといわれます。その口の一部を貫通させ、異物を埋め込むのがインプラント治療なのです。
医学が発達した現代では、人工の骨や臓器など、体内に異物を入れること自体は珍しいことではありません。しかし、その場所が口となると話は変わります。
体の中と違い、口は細菌に感染するリスクが非常に高いところです。世間にはまだまだ、通常の治療と同じ場所で、出血をともなうインプラント手術を行うところはたくさんあります。しかし当院は、感染リスクを最小限にコントロールするため、インプラント手術は雑音のない完全個室のクリーンルームで行います。
より高い安全と安心をお求めであれば、ぜひ当院にお越しください。

世界最高レベルの環境で手術を行います。

当院の手術環境は直接的な治療器具だけでなく、CTやマイクロスコープといったものも世界最高レベルの機器を使用しています。

最近はインプラント治療においても、ダンピングが始まっているようです。
もしかすると「安かろう、良かろう」という歯科医もおられるかもしれません。もしそんな医院に出会えたなら幸運です。しかし通常は、低品質だから安くできるのです。インプラント治療は手術をすれば終わりではなく、その後の10年、20年と続くフォローを見据えたものでなくてはなりません。本来、そんなに安くできるはずがないのです。

当院は世界の三大シェアをしめるインプラントを採用しています。
多くの研究と論文に裏付けられたインプラントこそがブランドであり、安心して患者様に提供することができます。

当院は「歯科医も治療に通ってくる」プロ中のプロとして、最高の品質を患者様に提供したいと考えております。
品質には自信があります。だからといって短絡的に「インプラントにしましょう」などといった診断は致しません。まずはお気軽にご相談ください。

院内感染と徹底的に戦います。 

当院は清潔を徹底し、患者様の感染リスクを最小におさえます。外科手術では必ず清潔なサージカルガウンと滅菌グローブを着用し、患者様のお口に入るものは治療器具から紙コップに至るまで、すべて滅菌処理したものを使用します。
また歯の治療では、歯石除去などのクリーニングであっても出血をともなうことがあります。
そのため使用済みの器具には、たくさんの血液や唾液が付着してしまいます。それらに潜む細菌やウイルスによる院内感染を防ぐため、当院は器具の滅菌・消毒を徹底して行っております。

弱酸性水

使用した治療器具は弱酸性水で消毒します。弱酸性水は各種病原菌やウイルスに対しても有効な殺菌・消毒作用を有しています。チェアまわりの清拭など、普段の院内の清掃にも頻繁に使用しています。

ミーレの自動洗浄器

パワフルな水圧と、歯科特有のたんぱく質をターゲットとした精密洗浄器です。
この機械一台で洗浄、精密洗浄、消毒が実現します。その後オートクレーブ滅菌を徹底しております。

 

超音波洗浄機

消毒液を満たした超音波洗浄機で器具の隅々まで洗浄します。

 

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

歯を削る道具や外科器具をはじめ耐熱性のある金属器具は、すべてオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で滅菌を行います。

高速高圧蒸気滅菌器(プチクレーブ)

迅速な滅菌処理が必要な場合には、滅菌処理時間が短縮できる「プチクレーブ」を使用します。手術中に使用した器具をすばやく簡便に滅菌したい場合などに重宝します。

ガス滅菌器

プラスチックやゴム製品、精密機械など高圧高温に耐えられないものはガス滅菌を行います。
滅菌に使用するガスが残留したり、器外に漏れることもないので安全です。

歯科医師が治療に通うデンタルクリニック 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック 電話受付時間 月~土 9:30~19:00 06-6343-7586
inquirybanner_sp.jpg