CT検査・マイクロスコープについて

国内初のナビゲーションシステムで正確・安全な手術を行います。

インプラント治療は、CT検査なしには考えられません。CTはレントゲンのような二次元画像ではなく、あごの骨の形や硬さなどの状態を三次元化して撮影できる検査機器です。

そのためインプラント治療を開始する前に、まずは徹底した術前診断を行っております。

また当院は、最先端のITとメカトロニクスを駆使した日本初の「ICATインプラントナビゲーションシステム」を導入し、インプラントの成功率をさらに高めることに成功しました。

このシステムは大阪大学歯学部臨床准教授でもある、当院代表長の福西がクリニカルアドバイザーとしてかかわり、同歯学部発のベンチャー企業が開発した次世代システムです。

CT撮影で得たデータをもとにコンピューター上でシミュレーションを行い、インプラント埋入の正確な位置を決める手術用のガイドを高精度で製作するため、これまで「骨の量が少ないのでインプラントは不可能」と診断された症例でも、それを可能にできるようになりました。

当院は、治療を行う前には必ず、患者様の希望に寄り添った診療計画をご納得いただけるよう、綿密にシミュレーションを行います。歯が抜けてお困りの方、入れ歯に満足されていない方は一度ご相談ください。

ICAT Science for you

世界最高レベルのマイクロスコープでミクロン単位の診療を行います。

これまでマイクロスコープは脳外科の手術などで使われてきましたが、同様に精密な手術が必要となる歯科にも導入されるようになってきました。
マイクロスコープの利点は、これまでの拡大鏡よりも大きな視野で診断・診療できることです。
その上で、肉眼では絶対に見ることのできない領域まで強拡大することができます。さらにマイクロスコープはそれ自体が光源となってお口の中をしっかり観察できますし、何よりその状況を映像として記録できるという利点があります。
そのため必要に応じ、患者様にもミクロン単位の視野で状況をお見せし、治療の進捗をご説明できるようになりました。
私たちが本来持っている自然な歯は、一度削ると元には戻りません。
ましてや不幸にして失われた歯は、人工のもので代用するしかないのです。当院は世界最高レベルのマイクロスコープを用い、局所の難しい治療であっても精密・適切な治療を行います。

歯科医師が治療に通うデンタルクリニック 医療法人 宝樹会 福西歯科クリニック 電話受付時間 月~土 9:30~19:00 06-6343-7586
inquirybanner_sp.jpg